• 電話番号:0532-56-2230
  • FAX番号:0532-56-2232
  • メールアドレス:order@natsume-welding.com
株式会社ナツメ

おかげさまで50年。すべてに感謝し、気持ち新たに専心して参ります。

半世紀50年の歴史で築き上げた「ほんものの技術」たゆまぬ技術と高品質が生む信頼のナツメ・ブランド。非鉄金属製造のスペシャリストがものづくり日本を支える。

ナツメの事業

株式会社ナツメの操業は1966(昭和41)年。50年の歴史を積み重ねて参りました。スタートは繊維機械と溶接金型の製造販売でしたが、足踏み式溶接機の電極製造の仕事をはじめ、自動車工場のロボット型スポット溶接用電極やアダブター類、ガンアームなど溶接用銅製品をトータルで開発・製造してまいりました。とりわけ、抵抗(スポット)溶接の先端部位製造分野ではトップブランドと評価いただいています。

おもに自動車メーカー向けスポット溶接用電極で日本有数のシェアを誇り、抵抗溶接用電極やアームなど銅製部品の製造を得意とするスペシャリスト企業を志向しています。

銅加工写真

全国の自動車メーカー、溶接機メーカー、家電メーカーをはじめとした抵抗溶接分野の電極など。ナツメは溶接ロボット導入により多様化・高精度化している電極部の加工などを得意とし、ユーザーの声をいち早く汲み取り、形にします。その柔らかさのため、加工が非常に難しい『銅』ですが、『難しければ難しいほど技術は磨き上げられる』と考え、日々邁進しています。

近年では、あらゆる非鉄金属に対応できるよう、アルミ加工、ステンレス加工、炭素鋼などの特殊鋼加工、樹脂製品の加工、メタルカーボンの加工、セラミックの加工など、社内での試験に注力し、その技術力を多分野で活用するための研究も進めています。

製造者側の満足(Product Out)ではなく、あくまでも顧客満足(Customers In/Market In)を主眼においた品質主義をモットーとする。それが株式会社ナツメです。

ナツメ外観

企業理念

●株式会社ナツメ 我が社の使命

良い製品でなければ 次に良いものは生まれないとの信念で、 ただひたすら技術の向上を 追求してきました。 確かに違うと感じていただける製品加工に 今も取り組んでいます。

●我が社の特色

全国の自動車メーカー、溶接機メーカー、家電メーカー等をユーザーとした抵抗溶接分野の電極をはじめ、銅合金を素材とした非鉄金属製品の製造を中心に、国内でも有数の非鉄加工メーカーとして着実に発展しております。ユーザーの溶接ロボット導入等により、ますます多様化高精度化が要求される電極部の加工などに、当社の技術力がさらに生かされていくことでしょう。

●我が社の夢

抵抗溶接は近年ロボットなどの導入によりかなり進歩してきましたが、溶接ロボットが本格的に進むのはこれからです。抵抗溶接電極は、溶接ロボットの性能を左右する製品ですから、ここをもっと開発していけば今までにないような溶接技術がこの世に実現するかもしれません。こんな可能性を夢見て製品の開発に挑戦して行きます。「技術はモノを作らなければ技術ではない。」

●我が社の人材観

企業は人なり。和をモットーに、会社あっての社員でなく、社員あっての会社、会社あっての国、国あっての世界、地球あっての宇宙。

ご挨拶

夏目雅康

お客様の力強いご支援の下、昭和41年の開業以来今日まで、あらゆるウェルド電極加工一筋に、多品種少量生産に応え、完璧な製品と納期の厳守を目標に、誇りある製品を皆様にお届けすることに邁進して参りました。今後、さらにミクロ・マクロ化してゆくニーズに的確に対応し、グローバル化が進む日本経済のなかで、製造業として確実に生産技術力の向上を追究し、さらなる明日をめざし、磨きをかけていく所存でございます。 「技術屋には定年はなし」「継続は力なり」をモットーに、わたしを筆頭に社員一同「和」を大切に頑張っていく決意でございますので、今後とも今まで以上の温かいご指導、ご愛顧のほどお願い申し上げます。
代表取締役社長 夏目 雅康

愛知ブランド(Aichi Quality)の認定を受けて

ものづくり王国と言われる愛知県。当県の製造業は、製造品出荷額等で37兆471億円(平成24年)を超え、35年連続日本一の座を誇り、わが国の製造業を牽引する重要な役割を担っています。この記録の背景には、当地域の製造業の真摯で地道な「ものづくり」の力があります。県内製造業の実力を広く国内外にアピールし、愛知のものづくりを世界的ブランドへと展開するため、愛知県が県内の優れたものづくり企業を「愛知ブランド企業(Aichi Quality)」として認定しています。ナツメも、電気機械器具製造業部門で「愛知ブランド」の認定を受けています(認定番号059)。

株式会社ナツメは愛知ブランド認定企業です。

認定の基準は「優れた理念、トップのリーダーシップのもと、業務プロセスの革新を進め、独自の強みを発揮し、環境に配慮しつつ、顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値を形成している製造企業」です。

ものづくり王国愛知に認められた技術力

独自の強み(コア・コンピタンス)とは、他社には提供できないような利益を顧客にもたらすことができる、企業内部に秘められた独自の能力やスキルを意味します。ナツメには、柔らかいために細工が難しい銅素材を多様な形状に正確加工できる高い技術力があり、銅加工分野では他社の追随を許しません。さらに、銅加工で培われた技術力を非鉄金属の製造全般に広げ、あらゆる非鉄金属を正確加工できる守備範囲の広い企業に成長したことも、「愛知ブランド」の認定基準を満たしたところです。





愛知ブランドホームページ↓↓↓

http://www.aichi-brand.jp/corporate/type/electrical/natsume.html

会社概要

会社概要

株式会社ナツメ

□ 資本金  4,925万円

□ 会社設立 昭和43年12月3日

□ 所在地  440-0081
       愛知県豊橋市大村町字橋元48番地

□ 従業員数 72名

□ 役員
  代表取締役社長  夏目雅康
  専務取締役    藤村康司
  常務取締役    夏目喬之
  取締役工場長   吉村今朝夫
  取締役営業本部長 高橋寛次
  取締役総務部長  杉浦一之
  取締役経理部長  夏目仲世

□ 取引銀行
静岡銀行豊橋支店・名古屋銀行豊川支店・商工組合中央金庫豊橋支店・みずほ銀行豊橋支店・豊川信用金庫牛久保支店

□ 主要取引先
東海溶材株式会社・電元社トーア株式会社・マツモト産業株式会社・オーエスジー株式会社・日本ガイシ株式会社・シロキ工業株式会社・日本タングステン株式会社・古川電工パワーシステムズ株式会社・他

□ 取扱主要銅合金およびメーカー
DOWAメタニクス株式会社・YCC 日本ガイシ株式会社・BeA-50/BeA-11/BeA-25/BeA-20C 東芝マテリアル株式会社・MCZ/NBC 株式会社SHカッパープロダクツ・C150 TPR EK 特殊金属株式会社・EK-2/EK-3/EK-B

マップ

ナツメの歴史

ナツメの歴史

1966(昭和41)年に、現社長の夏目雅康が若干20歳で創業したのが株式会社ナツメの始まりです。 夏目雅康は、工業高校卒業後、刀鍛冶の祖父に弟子入りを志願しますが、つよく説得されて繊維関連の企業へ就職しました。そこでは3機種ほど繊維機械の設計を手がけましたが、なかでも石油ストーブの芯を切断する機械は、「切断面がきれいに仕上がる」と高い評価を得て、ここからものづくりへの自信を深めていきました。

ナツメ外観

折からの繊維不況で、就職先は倒産の憂き目に遭いますが、夏目の技術力と実績に信頼を寄せた企業から、二等繊維にウエーブをかける「ウエービングマシン」の設計・製造を前金で依頼されるまでになりました。この事業をきっかけに、1966(昭和41)年、繊維機械と溶接金型(溶接用電極位置決め治具)の製造販売を行なう会社を設立しました。ここまでがナツメの創業までの足取り、いわば前史に当たります。

創業2年後には、足踏み式溶接機の電極製造の仕事をはじめ、繊維不況で繊維機械の受注が激減するなか、電極製造に専門特化し、現在の技術の基礎を築き上げました。足踏み式溶接機は、溶接する二枚の鉄板を一方の電極上に置き、足踏み式のペダルを踏んで上部の電極を下ろして鉄板に接触させ、ここに電気を流して溶接するシンプルな構造でした。

やがて、自動車産業の隆盛でロボット型のスポット溶接が普及し始めると、夏目の電極製造技術に注目が集まり、次々と注文が入るようになりました。さらに、先端部のキャップチップのみならず、シャンク、アダブター類、ガンアーム、冷却水を循環させるホルダーに至るまで、通電をスムースに行なうためのあらゆる溶接用銅製品をトータルで開発・製造するようになり、抵抗(スポット)溶接の先端部位製造分野ではトップブランドの地位を築き上げました。

銅素材はとても柔らかいので、鉄などの金属系の加工方法では、正確な形状に加工することができず、加工が難しいと言われるのですが、ナツメは非鉄金属の銅加工一筋に技術を磨き上げてきましたので、逆に柔らかい素材こそ加工がしやすいというアドバンテージをもっています。そこで、銅や銅合金の特性がどのような用途に使えるかを研究し、溶接用電極関連のみならず、ラジエータ部品、電子部品など、幅広い需要にお応えしてきました。

近年では、あらゆる非鉄金属製品の製造に対応し、機械部品、建築材に用いられるアルミ加工、シャフト、ボルト、ナット、厨房用品などに用いられるステンレス加工、そして炭素鋼などの特殊鋼加工にもナツメの技術を発揮しています。また、抵抗溶接で絶縁を必要とする部位に用いる樹脂製品の加工や、放電加工用の電極に用いるメタルカーボンの加工、プロジェクションナット溶接に用いるセラミックピンの加工にも適応し、ナツメがもつ非鉄金属製品の加工技術は多方面の分野から必要とされるようになりました。

ナツメの製品

創業から50年余を過ぎた今、銅製品を中心とする非鉄金属製品の加工では、ゆるぎない信頼をいただいてきたナツメ・ブランドですが、変化の激しい国際的な市場環境を乗り切るためにも、さらなる技術革新と精度の高い製品づくりに努め、お客様に心から喜んでいただける第一級のパートナーとして精進して参りたいと思います。

会社沿革

会社沿革

昭和41年(1966年)5月
愛知県豊川市瀬木町で繊維機械・金型の製造販売を始める

昭和43年(1968年)12月
有限会社夏目製作所を設立 資本金60万円 抵抗溶接用電極の製造開始

昭和52年(1977年)11月
資本金300万円に増資

昭和60年(1985年)7月
業務管理センターを豊川市谷川町に開設

昭和61年(1986年)2月
資本金700万円に増資

平成元年(1989年)11月
愛知県豊橋市大村町に新社屋完成 全業務運営を集結

平成2年(1990年)2月
会社組織を株式会社に変更、社名を株式会社ナツメとして発足

平成2年(1990年)8月
資本金3,500万円に増資

平成4年(1992年)9月
資本金4,925万円に増資

平成9年(1997年)2月
資材工場を増設(第2工場)

平成15年(2003年)8月
旋盤工場を増設(第3工場)

平成18年(2006年)8月
精密小型旋盤加工工場を増設(第4工場)

平成24年(2012年)3月
自動旋盤加工工場を増設(第5工場)

平成24年(2013年)8月
第5工場拡張

平成27年(2016年)6月
高機能加工工場を増設(第6工場)

売上推移

PAGE TOP

NATSUME.CO.,LTD
Hasimoto48, Omuracho, Toyohashi-shi, Aichi,
440-0081, Japan
TEL 0532-56-2230
FAX 0532-56-2232
MAIL order@natsume-welding.com

株式会社ナツメ
440-0081
愛知県豊橋市大村町字橋元48番地
電話 0532-56-2230
ファックス 0532-56-2232
メール order@natsume-welding.com